日本人から絶対的な人気を誇る観光地・ハワイ。そんなハワイの風俗(ナイトライフ)について考えることは少ないかもしれませんが、実際のところどうなのでしょうか。VIPデリヘル運営部がハワイの風俗事情からそれぞれの特徴まで細かくお伝えいたします。

高級デリヘル コラム

ハワイの風俗って実際楽しいの?

ハワイサムネイル

日本人はみんな大好き、「ハワイ」

庶民から富裕層まで、日本人が海外旅行先として愛してやまないといわれるハワイ。
社員旅行・家族旅行・新婚旅行から披露宴、さらには年末年始の芸能人の年越し先として多くの日本人に親しまれています。温暖な気候・豊かな自然・日本とは対照的なのんびりとした時間の流れを感じられることはもちろんのこと、日本語対応なお店やホテルが多いことも日本人を惹きつける大きな要因ではないでしょうか。日本旅行業協会が発表している「海外旅行者の旅行先トップ50」においてもこの日本人のハワイ好きはいかんなく発揮されています。

グラフ上の1位のアメリカから3位の韓国はビジネス目的の渡航者も多いことを考えると、ハワイの“人気”が伺えるのではないでしょうか。

そんなハワイですが、紳士のみなさまがおそらく気になっているナイトライフはいかほどなのでしょうか。本記事ではハワイの風俗事情をご紹介しつつ、日本の風俗を想定したときに十分に楽しめる内容なのかどうかを考察いたします。

ハワイの概要

出典 wikipedia
  • 正式名称:アメリカ合衆国ハワイ州
  • 人口:120万人(埼玉県さいたま市程度)
  • 平均気温:27-32℃(詳しくはこちら
  • 時差:19時間(日本より19時間遅れている)
    日本の時刻+5時間して、1日戻す方法のほうが計算しやすいので、時差を計算するときはこちらがお勧めです。
  • ビザ:日本人の場合90日以内の滞在では必要なし

ハワイの風俗は日本の風俗に似ていた。

ハワイで配布されている「大人の楽園」表紙
ハワイで配布されている「大人の楽園」の表紙

ハワイの風俗について知る手段はやはりインターネットを使うのが主流です。しかし、ハワイのナイトライフ業界は日本人を意識しているのか、「大人の楽園」という写真のような日本人向けフリーペーパーを刊行しています。なお、こちらの「大人の楽園」はVIPデリヘル運営部の上司が夏休みにハワイを訪れたときの“おみやげ”です。

このような日本人向けのパンフレットもあるくらいですから、電話対応や接客で日本語が通じるというのはもちろんのこと、真偽のほどは不明ですが日本人オーナー経営の風俗店もあるようです。
つまり、距離こそ離れているものの、ハワイの風俗は台湾の風俗と並んで日本人が“使いやすい”風俗の一つと申し上げても過言ではありません。

そんなハワイの風俗には果たしてどのような業種があるのでしょうか。一般的なものをひとつずつ確認していきましょう。

日本と全く同じキャバクラ・クラブ

「同じキャバクラなのだから、台湾キャバクラのように接客やサービスに違いがあるのかな」と思いきや、全く日本と違いはないハワイのキャバクラ。
ぼったくりや安全性の面は別として、お嬢様に日本語が通じれば問題なくサービスを受けられます。
なお、日本と全く同じシステムのキャバクラなのでおさわりやお持ち帰りも禁止です。「キャバクラのルールがわかっていない」という紳士のみなさまはこちらの記事よりルールをご確認くださいませ。

「出張マッサージ」という名のメンズエステ?

出張マッサージのパンフレットページ
出張マッサージのパンフレットページ

ハワイには画像のような出張マッサージサービスもありますが、この出張マッサージが風俗サービス(つまりヌくこと)を含んでいるかはVIPデリヘル運営部も把握できていません。日本の「(ヌキなし)メンズエステ」に近しいものなのかもしれません。

パンフレットではあくまで「健全性」が協調され、さらに画像下部分には「ハワイ州公認免許番号」まで記載されているのです。
一般的にアメリカではネバダ州の一部以外では風俗営業が禁止されている中「免許番号」が存在する、ということは「ヌキが禁止されている」と考えるのが妥当なのかもしれません。(※詳しい情報をご存知の紳士の方はぜひ筆者にご教示ください)

また、パンフレットをご覧いただいた紳士のみなさまの中にはお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、この出張マッサージには「店名」がありません。この場合、どう問い合わせたらよいのでしょうか。
VIPデリヘル運営部の中でも指折りの風俗ユーザーの上司曰く、このような場合は「●●(今回の場合は雑誌名である「大人の楽園」ですね)を見て電話しました」と申し出るのがもっともベターのようです。

短時間かつ“塩対応”のソープランド

ハワイのソープランド
ハワイのソープランド

ハワイには日本と同様「ソープランド(違法)」もありますが、このソープランドは1回60分と日本のソープランドと比較すると大変短いことが特徴です。
お嬢様による個人差もあるでしょうが、時間の長さから考えると、日本のソープのような「プロの技」はあまり期待できないでしょう。

実際に、こちらの記事(外部リンク)のように筆者の嫌な予感が見事的中してしまった例も散見されます。それにしても「マグロの解体をされている気分でした」……どれだけの塩対応だったのだろうかと逆に興味をそそられます。

【参考店舗:ハワイソープランドVIP】

「高いし悪質」な立ちんぼ

“お客様”を探すべく、万国共通でいる“立ちんぼ”ですが、ハワイの立ちんぼは悪質です。平気で日本円にして30,000〜35,000円といった金額を提示します。
しかも、日本の風俗に例えればミドルリッチ級の高級デリヘルと同等の金額を提示するのにもかかわらず、質は全くと言って伴っていないのです。

  • 「ゴムなし本番」などの過剰なサービスで体を酷使した結果、性病に罹患している
  • あからさまな整形美女の多さ
  • 日本人を自称しつつ、実際は韓国籍の女性が多い
  • 交渉当初は安い金額を提示してくるのに、プレイ開始後に「おさわりは○円」「体位の変更は○円」とチップを要求される

などの被害報告も見受けられます。

“ハワイらしさ”を味わうならストリップショー一択。

Hawaii By Night

ストリップ
ハワイのストリップ

ここまでの文章を読む限りではハワイの風俗は「日本の風俗の“パクリ”」と捉える方もいらっしゃることでしょう。ハワイには“ハワイらしい風俗”はないのでしょうか。結論を言えば「ハワイらしい風俗」ももちろんあります。
それは日本では歌舞伎町などに“ひっそり”と残っている「ストリップショー」です。法律で厳しく風俗が禁止されているアメリカでは、ストリップショーがひとつの男性の“娯楽”となっています。また、ストリップショーはあくまで“風俗業”ではないので女性も鑑賞可能です。

そんなハワイのストリップの中でも最も有名といわれているのが「Hawaii By Night」。18歳以上の男女であれば

  • 100%オールヌード
  • 時間制限、追加料金なし
  • お一人様 2ドリンク$20
  • 日本語可能
  • 為替両替も可能(レートは悪い)

という良好な環境で「男性のためのエキゾチックタイム」が体験できるようです。

ハワイで「ストリップショー」を見てみよう

Hawaii by Nightの店内見取り図をerosystem10より承諾を得て拝借させていただいております。
Hawaii by Nightの店内見取り図をerosystem10より承諾を得て拝借させていただいております。
  1. まずは入店
    お店に入って、女性が登壇するステージの周りのボックス席(黄色い部分)に着席して、ドリンクを注文します。
  2. フリーダンスタイム
    女性がダンスステージ(図の青部分)でポールダンスをしてくれるので、自分のボックス席の周辺に来たらチップ(1ドル札でOK)を渡す。お札をパンティに挟んでいるお客様もいるようです。
  3. 女性からのアピールタイム
    女性が「ダンス?ダンス?」と聞いてきますので、気に入らなかったらここでしっかり断りましょう。
  4. 気に入った女性がいたら誘いに乗る
    ここで席から少し離れた「プライベートダンスエリア」と呼ばれる場所(図の赤い部分)に移動します。
    ※図のような「半オープンスペース」に近しい”半個室”なので、中で何が行われているかは筒抜け
  5. プライベートダンスエリアで別途料金を払ってダンスをしてもらう
    なお、1曲目は$40、2曲目は$60、3曲目は$80(ここから女性が紳士の皆様だけのためにオールヌードになってくれるようです)の追加料金がかかります。

 

このように詳しい使い方を踏まえると、フルサービスを受けるためには$100(日本円にして約12,000円)ほどかかることがわかります。しかも、プライベートダンスエリアに女性を呼んだところで風俗サービスは期待できませんから、割高と感じる紳士のみなさまも少なくないことでしょう。

しかし、この「エロいのに何もしてこない」状態に逆に興奮して病みつきになってしまうという紳士のみなさまもいらっしゃるようです。オナクラ、手コキなどのライトでなおかつ焦らされるのが好きな紳士の皆様には、あえて「ぎりぎり」を攻めてくるこのストリップバーも最高に面白いものに感じるのかもしれません。

【Hawaii By Nightの位置】

結論:日本の風俗のほうが楽しいかも。

水着の女性

今回の記事では大きく

  • ハワイの風俗は日本人や日本文化の影響を大きく受けているが、アメリカの法律上の問題もあってレベルは低いこと
  • 「ハワイらしさ」を感じる代表的なサービスはストリップであること

の2点をお話いたしましたがいかがでしたか?

結論から申し上げれば「かわいい(きれい)な女性に濃厚なサービスをしてもらいたい」とお考えの紳士のみなさまは、ハワイの風俗よりも日本の高級デリヘルのほうが楽しめるでしょう。
デリヘルなので本番行為は決して認められていませんが、日本の高級デリヘルのお嬢様は「身元のはっきりした、容姿・品性共に優れた女性」のなから選ばれたまさに「高額を払ってでも遊びたい女性」のみです。また、紳士の皆さまの多岐にわたる要望にお応えするために「旅行同伴・海外出張同伴」といったプランを組めるお店もあります。
急なハワイへの出張やご旅行も、日本から「一流の女性」を連れていけばさらに充実したものに様変わりすることでしょう

VIP高級デリヘルガイドは、紳士の皆様に価値ある夜をお過ごしいただけるよう、高級デリヘルをわかりやすく比較検討しているサイトです。
ぜひ富裕層の皆様の夜のお遊びにお役立てくださいませ。
またVIPデリヘルではハワイ以外の世界各国の風俗事情についても、多くの方の知識を拝借しつつ記事を執筆させていただいております。
海外の風俗の記事はこちらから確認できますのでご関心のあるという方はお読みいただけたら幸いです。

最後に:ご協力いただいたブログへのお礼

最後にこちらの記事を執筆させていただくにあたりまして、風俗の場所と値段 出張先のエロい海外・国内の管理人様に、内容および画像利用に際しまして多大なご協力を承りましたことを心から感謝申し上げます。

風俗の場所と値段 出張先のエロい海外・国内では、国内の風俗情報も数多く執筆されておりますので、ぜひこの機会にご覧くださいませ。

最新の投稿

  • 3日間
  • 月間




VIPデリヘル銀座
高級デリヘル 銀座