紳士のみなさまもただ揉めばいいと考えがちな胸の愛撫。しかし、意外とこれはSEXや風俗遊びをするうえで重要なテクニックだとご存知でしたか?今回はそんなおっぱいの揉み方を基礎の基礎からお伝えしてまいります。

高級デリヘル コラム

紳士も意外と知らない、“本当に気持ちいい”胸の揉みかた

胸を揉むサムネイル

ただ“揉めばいい”と思っていませんか?

風俗遊びのときにそれとなくお嬢様にチェックされがちなテクニック。紳士のみなさまのなかにもテクニックを熱心に習得されている方もいらっしゃることでしょう。
しかしクンニ指入れの方法は熱心に研究されている一方で、意外と上半身(要は胸)の愛撫はノーマークという紳士のみなさまも少なくないようです。
「胸なんて揉めばいいんじゃないの?」そのようにお考えの紳士のみなさまもいらっしゃるようですが、意外とこの“胸の愛撫”は奥が深いものなのです。
そこで今回のVIPデリヘル運営部では、風俗遊びをなさるときにぜひ実践していただきたい胸の揉み方を

  1. 準備
  2. 乳房の愛撫のテクニック
  3. 乳首の愛撫のテクニック

の3つに分けてご紹介させていただきます。

事前準備が大事。いきなりホック取ってませんか?

ブラジャー

クンニのしかたや指入れのしかたの記事でもご紹介いたしましたが、胸を愛撫するときにも“焦らし”は欠かせません。
まずは服の上や、服の隙間から手を入れてブラジャー越しに触って焦らすことで、女性を興奮させてあげるのです。この“興奮”こそがのちの命運を大きく分けることでしょう。

そして十分に女性を焦らした後にブラジャーを外します。ドラマや映画・AVなどのシーンで俳優さんがシュッと片手で女優さんのブラを外していく姿を想像しているかもしれません。
しかし、おそらくほとんどの紳士のみなさまはこのようなスタイリッシュな外し方を初回からは実践できないことでしょう。というのもお遊び慣れしていない紳士のみなさまはブラジャーに日ごろから慣れ親しんでいないために構造がわかっていないためです。
ブラジャーの構造はホックの片方が輪になっていて、その輪にもう片方の「⊂」の形をひっかけてドッキングしています。ですから、外したいときは両側を内側に引っ張ってそれぞれを緩める必要があるのです。
もちろん何度か実際に触れてみないと感覚は身につかないものですから、始めから片手で外そうなどと無理はせず、しばらくはしっかりブラの構造を見ながら両手で外しましょう。

ほとんどの男性がしらない、乳房の愛撫

胸の愛撫

ブラを外したらいよいよ胸を揉み始めるわけですが、具体的な揉み方をお伝えする前に、紳士のみなさまに留意していただきたいことが2点ございます。

まずひとつめは「激しく揉めば女性が気持ちよくなってくれるわけではないということ」です。AVや映画の濡れ場では、激しく胸を揉まれる女性はいかにも気持ちよさそうにしていますが、それはあくまで演技です。
演技をぬきにしたSEXや風俗でのプレイでこれをやってしまうと女性からは「痛い」「イライラする」といった反響が意外にも大きいのです。
実際のところ膣やクリトリスと比べると、胸は物理的な快感は得られません。「揉まれている」という精神的な興奮がいわば感じることにつながっているのです。
ですから原則として胸は優しく・負担のないように触るのがベッドタイムの掟です。

ふたつめは「いきなり乳首を触ってしまわないこと」。多くの人が性感帯だと考えている乳首を先に触ってしまうことで焦らし効果を生むことができず、女性も興ざめしてしまいます。まさに、「お食事の前にデザートが来てしまいました」という感覚に近いのではないでしょうか。
ですからこちらも原則として、まずは乳房を愛撫してから乳首に移っていくようにこころがけましょう。

以上2点を留意したうえで、まずは女性が喜ぶ乳房の愛撫のしかたをご紹介いたします。

まず、おっぱいの正しい持ち方は「親指で下から支え、後の4本の指を外サイドに添える」のがおっぱいの正しい持ち方。
その状態で、乳房を上に持ち上げて中央に寄せたあと外側に円を描くように、乳房のお肉を移動させましょう。
というのも乳房はほとんど脂肪なので、快感を与えるためにはその下に隠れている神経に刺激を伝えなければいけません。ですからよく言われている“モミモミ”よりも、円を描くように肉をグッと移動させるほうが実は効果的なのです。
この時に気を付けるべきことは、“外側”という部分。内側に揉んでしまうと胸を上から押しつぶしてしまうという“禁じ手”に早変わりしてしまいます。

この方法こそ胸を揉む際の原則ですが、この揉み方と並行して

  • 触れるか触れないかわからないくらいの位置で、指を動かしてさわさわと触っていく
  • 上下にゆさぶったりスピードの緩急をつける
  • 時々事故を装って手のひらや指の腹あたりで乳首に少し触ってみる

といったテクニックを駆使してみるのもおすすめです。

乳首だけじゃない?乳房にもある性感帯

先ほどの文章で「乳首は性感帯だから焦らしてとっておきましょうね」というお話をいたしましたが、実は意外と知られていませんが乳房にも「Gスポット」があります。
それは脇の下と乳首を結ぶ幅5センチのライン上のゾーンの下の胸筋。ここをを中指と人さし指の2本の指腹で、皮膚を1-2センチほど押し込むように、軽く圧迫しながら、小さな円を描くように愛撫すると効果的なのだとか。このとき、他の3本の指は乳房に自然に添えるだけでにしましょう。
こうするだけではほとんど快感を受信しなかったオッパイが、生まれ変わったように生き生きと快感を受信するようになります。ほとんどの男性が知りませんが、これこそが本当に気持ちいいおっぱいの揉み方なのです。

乳首はソフトに責めるのが吉

乳首の愛撫

ここまで乳房を丹念に責めて女性を焦らしたら、いよいよ乳首の愛撫に入ります。乳首を責めるときも「ソフトにしてあげる」ことがポイント。
乳首は個人差だけではなく、同じ女性でも体調によって痛いと感じるときとそうでないときもある敏感な場所なので、いきなり強くにぎったりするのはタブーです。
まずは試しに軽くゆっくりと指ではじいたり、なぞったりすることで女性の反応を伺いましょう。
痛がらずに乳首がだんだんと勃起して来たら、徐々につまみのように軽く回したり、乳房の中に押し込んでみたりと強い刺激に変化をつけていきましょう。

また乳首を責めるときに大事になってくるのが「舌で感じさせてあげる」テクニック。指での愛撫のあとには下でお嬢様を気持ちよくさせてあげましょう。
乳首を舐めるときも、いきなり中心を舐めるのではなく、周囲の乳輪から焦らして攻めていくのがポイント。お嬢様が十分感じてきても焦らずに軽く舐めるところから始めていきましょう。
お嬢様の反応を見ながら、時間の経過とともに乳首を口内でころころ転がしたり、舌で攻め立てたり、軽く甘噛みをすると効果覿面です。

でも結局一番大切な物はコレ

気持ちが重要

今回はお嬢様とのプレイでも使えそうな「気持ちの良い胸のもみかた」をお伝えしてまいりましたが、以上のことすべてができればお嬢様たちが喜ぶのかというとそうではありません。
結局のところ、もっとも重要なのは「お嬢様に気持ちよくなってもらいたい」という紳士のみなさまの気持ちなのです。
直接肌を合わせるというある意味特殊なサービスである風俗だからこそ、双方の気持ちがどことなく伝わってしまうものです。
紳士のみなさまとて「はいはいやってやるよ」というスタンスで完璧なプレイをするお嬢様と、「気持ちよくなってほしい」という気持ちは持っているけど少しテクニック不足なお嬢様の2人がいたら後者を選ぶ方も少なくないでしょう。逆も然りなのです。

また、風俗嬢に限らず女性というものは性器よりもある意味胸に対して“コンプレックス”を抱いている場合が多くあります。男性でいうペニスのようなものでしょうか。
「小さいからお客様満足してくれないんじゃないかな」「形が汚いから見せたくないな」と思っているお嬢様もいらっしゃるかもしれません。そんなときは「かわいい」や「柔らかくて気持ちいい」など別のところでほめてあげると彼女たちはさらに紳士のみなさまとのプレイに集中してくれることでしょう。

VIPデリヘルは選ばれし富裕層の紳士のみなさまも大満足の高級デリヘルを全国に渡ってご紹介するポータルサイトです。
紳士のみなさまの夜のお遊びの一助としてぜひご活用くださいませ。

最新の投稿

  • 3日間
  • 月間




VIPデリヘル銀座
高級デリヘル 銀座